頭痛について

頭痛は症状も原因も様々です。辛い頭痛も原因と対処法を知ることで症状を改善することができます。

偏頭痛などの慢性頭痛は他に原因となる病気がなく頭痛自体が治療対象になりますが、脳腫瘍など他の病気が原因となる頭痛もあります。このような頭痛は命に関わることもありますので、いつもと違う頭痛を感じたらすぐに医師にご相談下さい。

慢性頭痛の特徴

偏頭痛

  • ときどき起こる(間欠的)
  • 週2回~月1回程度起こる
  • 痛みは4時間から72時間続く
  • 頭の片側に起きることが多い
  • ズッキンズッキンという脈を打つような強い痛み
  • 吐き気、嘔吐、光や音が気になる、という症状を伴うことがある
  • 頭痛の前兆として、ギザギザした光が見えたり、視野の半分が見えにくくなることがある
  • 時々寝込むほど痛むことがある

混合型頭痛

  • 頭痛が混合する
  • 片頭痛と緊張型頭痛の両方の特徴をあわせもつ
  • 片頭痛と緊張型頭痛が混じり合っている場合と、その時々でどちらか一方が出る場合がある

緊張型頭痛

  • 持続する
  • 反復発生緊張型頭痛は1ヶ月に15日未満、慢性緊張型頭痛は毎日のように起こる
  • 痛みは30分から7日間続く
  • 頭の両側が頭全体、後頭部が痛む
  • 頭の両側をギューッと締めつけられるような痛み、重苦しい鈍痛
  • 吐き気はあっても実際に吐くことはない
  • 気分転換に体を動かすと少し楽になる
  • 仕事ができないほどの痛みではなく仕事はなんとかできる

群発頭痛

  • 群発的に起こる
  • 1~2ヶ月間に集中してほぼ毎日起こる
  • 痛みは15分から3時間続く
  • 必ず頭の片側痛む
  • 眼の奥がえぐられるようね激痛
  • 目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある
  • 痛くてじっとしてられない
  • 動くと痛みが紛れる

日常生活で注意すること

偏頭痛

偏頭痛を起こさないためには

  • 強い光や騒音、人混みをできるだけ避ける
  • 寝過ぎ、寝不足を避け、休日もできるだけふだん通りに起きる
  • 日頃からストレスをためない
  • 薬(狭心症の薬、高血圧の薬、抗不安薬など)に注意する
  • 食べ物(ワイン、チーズ、チョコレートなど。誘因か注意する
  • 外出時に発作が起きやすい方は、経口薬をもって外出する
  • 自分がどんな時に発作が起きやすいのか、よく知っておく

偏頭痛が起きてしまったら

  • 片頭痛がおきてしまったら患部を冷やし、暗い部屋で静かに休む。できれば寝てしまうのが一番。
  • 発作が起こったときは、入浴を避けシャワーにする
  • 痛くなりはじめの時、コーヒーか緑茶を飲むとラクになる場合がある。ただし、飲み過ぎは逆効果。

緊張型頭痛

  • 精神的・肉体的ストレスをためない。
  • 長時間にわたって同じ姿勢をとらない。特にうつむき姿勢は緊張型頭痛を起こしやすい。
  • 長時間パソコンヤワープロを使用する場合は、姿勢を良くし、時々休憩する。
  • 高い枕を避ける。

群発頭痛

  • 発作期が過ぎれば自然に消退し、後遺症を残すことはない。
  • 群発頭痛期間中は、少量のアルコールで頭痛発作が誘発されるので、その期間はアルコールを避ける。