アレルギー科の診療

様々なアレルギー疾患を治療します。特にアトピー、花粉症、アレルギー性鼻炎は私の長年の研究テーマですので力を入れております。お悩みの方は一度ご相談下さい。

アレルギーとは

人の体は外から入って来た異物に対して抗体を作って退治しようとします。この免疫反応が過剰に起こった状態のことをいいます。免疫の過剰反応の結果、粘膜が腫れたり、皮膚がかゆくなったり、くしゃみがでたりします。

アレルギーの原因となる物質に対してできる抗体IgEを作りやすい体質をアレルギー体質といいます。アレルギー体質であることに加えて好ましくない環境が作用してアレルギーを発症します。身の回りからアレルギーを悪化させる原因を取り除くことで症状を軽減することができます。

アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)

食品、花粉、ダニ、ハウスダストなどがあります。アレルゲンは人によって異なります。

アレルギーが原因で起こる主な病気

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返し、かゆみのある湿疹がでます。アトピー性皮膚炎の人の肌は乾燥しバリア機能が弱くなっているのでアレルゲンが侵入しやすくなっています。刺激にも弱くなっているのでかゆみも出やすく、掻くことでさらに肌のバリア機能が失われかゆみがひどくなる悪循環に陥ってしまうこともあります。

乾燥を防ぎ、出来るだけ掻かないように心がけることが大切です。必要に応じて内服薬も使用して治療を行います。

アレルギー性鼻炎

くしゃみや透明でさらさらした鼻水、鼻づまりなどがアレルギーが原因で起こります。おおきく一年を通して症状が出る通年性アレルギー性鼻炎と、特定の季節だけに現れる季節性アレルギー性鼻炎に分けられます。

主な原因にはハウスダストやカビ、ペットなどがあります。治療には身の回りからアレルゲンとなるものを取り除き、内服薬、点鼻薬などを使って症状を抑えます。

花粉症

アレルギー性鼻炎のなかでも花粉が原因で起こる症状で季節性アレルギー性鼻炎とも言われます。くしゃみや透明でさらさらした鼻水、目のかゆみ、充血などの症状が出ます。花粉症の対策としては花粉が飛散する2週間前から症状を抑える薬(抗アレルギー薬)の服用を開始するのが効果的であると言われています。

主なアレルゲンと飛散時期

スギ 1月中旬〜5月 ヒノキ 2月〜5月初め
カモガヤ 5月〜7月 イネ 4月中旬〜10月下旬
ブタクサ 8月中旬〜10月初旬 ヨモギ 8月下旬〜10月中旬