当院の小児科診療

医師として、子を持つ母親として、新米ママさんへ少しでもアドバイス出来ることを目指し、健やかなお子様の成長を願っています。

お子様の健康についての不安や疑問をお気軽にご相談ください。

乳児健診

乳児健診を行っています。赤ちゃんの発育や栄養状態、病気が隠れていないかなどを調べる大事な健診です。行政で義務付けられている3~4ヶ月、1歳6ヶ月、3歳健診の他、自治体で定められている健診があります。

また健診は赤ちゃんの健康状態のチェックの他にも、育児の不安や疑問を相談する良い機会となります。母子手帳を参考にきちんと受診するようにしましょう。当クリニックではいつでも予約なしで受診できますのでご都合の良い時にご来院ください。

子どものヘルペス感染症

ヘルペスは皮膚や粘膜に水疱のできるウィルス感染症です。このウィルスは水疱瘡の原因ウィルスと同じ仲間で口唇ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎となる単純ヘルペスウィルスと水ぼうそうや帯状疱疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウイルスに分けられます。

感染について

ウィルス感染している人と直接接触して感染する場合(直接感染)とウィルスが付いている物を介して間接的に感染する場合(関節感染)があります。感染力が強く一度感染すると症状が治まった後も神経節の神経細胞にウィルスが残ります。そのため体の抵抗力が落ちたときにウィルスが再活性化し症状が再発することがあります。

治療について

薬を使ってウィルスの増殖を抑えます。早期に治療を始めることが大切です。異変を感じたら早めに医師にご相談下さい。

ヘルペスの原因と特徴