皮膚科の診療について

皮膚の疾患も原因はさまざまです。体質、生活環境、食生活など患者様の状態を見た上で適切な治療を行っていきます。なかなか症状が改善しないときは生活習慣や薬の使い方などの理由があることも多いものです。お悩みの症状について些細なことでも遠慮なくご相談ください。

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返し、かゆみのある湿疹できている状態です。アトピーを悪化させてしまう原因は人それぞれなので、症状をしっかり把握し最適の治療法をみつけて行くことが大切です。

アトピー性皮膚炎の原因

家族にアレルギーを起こしやすい体質の人が居たり、アレルギーの原因となる物質に対してできる抗体IgEを作りやすい体質を持つ人はアトピー素因があるといいます。アトピー素因があると必ずアトピーになるわけではありませんが、アトピーを発症する多くの人はアトピー素因があります。またアレルギーだけではなくストレスや生活習慣が原因となる場合があります。

アトピー性皮膚炎の症状

皮膚のかゆみや湿疹が主な症状です。アトピー性皮膚炎の人は皮膚が乾燥しやすいためアレルゲンが侵入しやすくなり、かゆみがでます。かゆくなり掻いてしまったためにさらに皮膚のバリア機能が失われて乾燥しかゆみを感じるようになるという悪循環に陥り悪化させてしまうこともあります。肌をかきこわしてしまわないようにかゆみをコントロールしていくことが大切です。

アトピー性皮膚炎の治療

外用薬

ステロイドに対して抵抗感のある人もいるかもしれませんが、医師の指示に従って使って正しく使用すれば問題が起こる可能性は低いです。症状が改善してくれば徐々に弱い薬に切り替えていくことができます。

内服薬

かゆみを抑える為に抗ヒスタミン剤などの内服薬も必要に応じて使用します。

ライフスタイルの見直し

  1. ほこりやダニを室内から取り除き気温や湿度も適度に保つようにしましょう
  2. 規則正しい食生活心がけましょう
  3. 肌に刺激の少ない衣服を着てかゆみを誘発しないようにしましょう
  4. ストレスをためないようにしましょう