当院の呼吸器内科

呼吸器内科では、気管支疾患、肺気腫(COPD)、慢性気管支炎など呼吸器疾患の治療を行います。

長引く咳や痰がきれにくいなどの症状には呼吸器の病気が隠れていることがあります。気になる症状のある方は早めにご相談ください。

気管支喘息

気管支の粘膜に炎症が起きた結果気管支が細くなってしまい、咳や息苦しさなどの症状が出ます。主に呼吸とともにハウスダストなどの様々な異物を吸入した結果生じるアレルギー性の気管支の炎症が原因です。この他には運動や特定の薬を服用した際に同じ症状が出ることがあります。子どもだけではなく成人してから発症することもあります。

気管支喘息の症状

様々な刺激が原因となり気管支が細くなった結果、息苦しくなり、息を吐くときにヒューヒュー、ぜいぜいする音(喘鳴)が出ます。夜間から明け方にかけて悪化することが多いです。風邪をひいた後に咳だけが長引く場合や痰が絡んだ感じが続く場合は喘息の可能性がありますので早めにご相談下さい。

喘息の治療

気管支を拡げる吸入薬を使った治療だけではなく、気管支を狭くする原因となる気管支の炎症を常に抑えるようにコントロールしていくことが大切です。症状が落ち着いてからも通院治療を行い炎症を抑えていくことで、発作が起きてしまったときにも治療がしやすくなります。

COPD(肺気腫・慢性気管支炎)

COPDは、慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)の略称です。原因の90%がタバコによるものとされています。タバコの煙を長期にわたり吸い込むことにより吸い込むことにより肺胞壁が破壊されたり、気管支に慢性的な炎症が起り呼吸機能が低下します。また、受動喫煙でも発症することがあり、タバコの他には大気汚染など空気の悪い環境も原因となります。

COPDの症状

発症する人のほとんどが喫煙者で40歳以上で長期間に渡って喫煙していた人は注意が必要です。慢性的に続く咳や痰、階段を上ったり運動したりした後の息切れがひどいなどの症状がある方は早めに診察・検査を受けるようにしましょう。

COPDの治療

COPDの治療は重症度によって変わります。検査で重症度を判断し症状に合った治療を行います。

禁煙
病気の進行を止めるためにもまずは原因となるタバコを辞めることが重要です。一定の条件を満たせば禁煙治療は保険適応となります。
インフルエンザワクチンの接種
インフルエンザなどの感染症が原因で肺気腫の症状が急激に悪化することがあります。最悪の場合には命の危険も出てきますので予防接種を受けるようにしましょう。
薬物療法
薬を使って呼吸を楽にすることでできるだけ健康的な生活を送れるようにします。
呼吸リハビリテーション
理学療法、運動療法、栄養管理をおこない息苦しさを和らげ運動能力を高めます。
在宅酸素療法
症状が進み低酸素血症になったときに行います。

COPDになってしまうと肺を元の健康な状態に戻すことはできません。そのため早期の治療で病気の進行を抑えることがとても大切になってきます。気になる症状のある方は早めに検査を受けるようにしましょう。